お彼岸に

ブログ

西に行けば極楽浄土

沈む太陽に向かい手を合わす


遠い祖先 太古の人々は
どこに行けば 

天の国に辿りつけるのだろうかと
西に沈む太陽に聞いていたことから

右手と左手を合わす所作が生まれたとされています。


生きとし逝ける者
この世の人も
あの世の親も
同じような 気持ちになって手を合わせたようですね

それを
共に生きる形示し
「ご供養」



生きている私達と
あの世で生きている大切な人

共に 朗らかでありますように


一番大切なのは

「共に」

という 気持ちです

それさえあれば

必ず 通じます。



みなさんのお彼岸が
笑顔でありますように (´∀`)


読んでいただきありがとうございます🌸

縁の魂の君と
亡き師に 
心を込めて



易選流

山本るみこ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事一覧